NEWS
■坂口安吾論集3『新世紀への安吾』発売のお知らせ

坂口安吾論集3『新世紀への安吾』
定価:本体2,800円+税
2007年10月31日刊行

坂口安吾研究会編 ゆまに書房刊

ISBN978-4-8433-2661-9 C0095

ゆまに書房サイトの詳細ページはこちらです。

安吾生誕百年を迎え「これまで」と「これから」の安吾を特集。郷土である新潟にて開催された「坂口安吾生誕百年記念フォーラム」を完全中継するなど、豪華執筆陣が安吾の様々な側面を論じる。また近年発見された、安吾の未発表資料を解題とともに紹介する。

●収録内容●
■ 井上章一 私の「日本文化私観」
■ 大杉重男 偶像破壊のリスクとセキュリティ ―「教祖の文学」の現代的射程
■ 渡部直己 親子二代、安吾の『恩』
-----------------------------------------------
【坂口安吾生誕百年記念フォーラム】
●富岡幸一郎「安吾とキリスト教」●川村 湊「安吾と仏教」●シンポジウム「安吾と日本」
(富岡幸一郎、川村 湊、葉名尻竜一、石月麻由子)
-----------------------------------------------
■ 宮澤隆義 情報戦と「真珠」
■ 天野知幸 〈肉体〉の思考が撃つもの ―「戦争と一人の女」
■ 黄 益九 『暁鐘』版「桜の森の満開の下」
-----------------------------------------------
【新資料紹介】
●「田舎老人のトランク」「木暮村にて」「「島原の乱」断片」「「燃ゆる大空」について」「平野謙について」「書簡1〜5」(七北数人)
●「一、わが愛読の書 二、青年に読ませたい本」(大原祐治)
●「下山事件最終報告書(安吾巷談)」「美人のいない街」「月の浦を書きたい 支倉六右衛門偲ぶ安吾」「秋田犬を見に」ほか(原 卓史)
-----------------------------------------------
■ 坂口安吾・研究動向―2004年9月2006年11月
■ 坂口安吾研究文献目録