新潟安吾名所案内-坂口安吾生誕碑

2006年10月20日、坂口安吾の生誕100年を記念して建立された「坂口安吾生誕碑」を紹介します。

坂口安吾は、1906年10月20日新潟市西大畑町で父仁一郎、母アサの五男として生まれました。1922年9月に東京護国寺境内の豊山中学までの16年間を西大畑町で過ごしています。住居跡地は道路となっていて、当時を思い起こさせるものは、残念ながらありません。

そこで、安吾と會津八一の市民研究会「八吾の会」が中心となり、生誕碑建立の会を発足させて寄付を募り、2006年に建立の運びとなりました。寄付をした人は500人以上にもなり、坂口安吾ファンの思いが詰まった碑と言えるでしょう。除幕式には、子息の坂口綱男氏など関係者や多くのファンが集い、盛大に行われました。

碑文は、1946年に発表された、幼少期を回想した自伝的小説「石の思い」の一節です。

「私のふるさとは
空と、海と、砂と、松林だった。
そして吹く風であり、風の音であった。
坂口安吾生誕の地」(写真1)

では、実際に行ってみましょう。まずJR新潟駅万代口からバス「万代シティー・新潟美術館」行きに乗車します。「東大畑通2番町」で下車し、酒店の前の交差点まで来たら、右に曲がってそのまま直進します。北方文化博物館の交差点を左折すると右手に現れる大きな鳥居が、新潟大神宮の入り口です(写真2)。ちなみに交差点をそのまま直進すると、坂口安吾の生家跡(写真3)、右に曲がると日本料理店「行形亭(ゆきなりてい)」(写真4)です。

最初の鳥居を越えて、坂道を登ると2番目の鳥居が見えます。2番目の鳥居の足元に坂口安吾の生誕碑があります。

生誕碑見学の後には、行形亭でのお昼ご飯や、近くにある新潟カトリック教会とどっぺり坂まで足を伸ばすのもおすすめです。



詳細な地図と交通案内はこちら 交通案内
  *
  【写真1】坂口安吾生誕碑
*ya
  *
  【写真2】新潟大神宮入口
*ya
  *
  【写真3】生家跡
*ya
  *
  【写真4】行形亭
  ※写真をクリックすると拡大します。